リノベの基礎知識 リノベーション/リフォーム

[必読] リノベーションの流れ 計画から最短で半年は見ておこう!

リノベーションでマイホームを購入したいと考えているけれど、どんな準備をして進めていけばいいの?
これからリノベーションを検討している皆さんに、必要な流れをお話します。

受け渡しまで最短で6ヶ月はみておこう

マンションリノベーションは具体的に動き出して最短で6ヶ月はかかると考えておきましょう。
自分たちの住みたいエリアに良い物件があれば良いですが、中々見つからない場合は、更に時間を要すると考えておきましょう。

物件購入、リノベーション工事、ローンと3つの項目を並行して考える

リノベーションは中古の物件を探し購入するためのフロー、リノベーション業者を探し、設計施工をお願いするフロー、住宅ローンを借り入れるフローの3つの項目があります。
これらを並行してすすめ、6ヶ月程度の時間を要します。それぞれのフローをざっくりイメージし、現金で支払いが必要なタイミングなどをおさえて進めていくと良いでしょう。
 

 

物件購入のフロー

  • STEP1

    住みたいエリアや条件を検討する

    公園の多い街、駅直結で通勤に便利、今と同じ街、などまずは住みたいエリアを絞っていきましょう。
  • STEP2

    物件を探す

    エリアを決めたらネットや情報誌、不動産会社やリノベーションをお願いしようとしている会社に相談など広く情報を集めましょう。
  • STEP3

    物件を見て、決定する

    中古物件ですので、間取りなど意外に老朽化なども室内、共用部、外観すべてをチェックしていきましょう。もし、リノベーションを依頼する会社が決まっているようでしたら同行してもらいイメージしているリノベーションが可能か確認してもらうのが良いでしょう。

    <主なチェックポイント>
    ・バルコニー、テラス、玄関ポーチの老朽化(ひび割れ、シーリング、サビ等)
    ・室内仕上げ(湿気やカビのあつまるところ、コンクリートのひび割れ等)
    ・水回り設備の状態(給水の資料、排水のつまり、火災報知器の機能有無等)
    ・その他(リノベーションのしやすさ、防犯、窓の断熱性能、電気容量、共用設備の状態)
  • STEP4

    購入申込みをする

    購入したい物件が決まったら、不動産会社の申込書類に記入し、申込みをおこないます。この時点では通常手付金やキャンセル料は発生しません。
  • STEP5

    重要事項説明

    物件の正式な契約を結ぶ前に、不動産会社から「重要事項説明」をおこいます。内容は、購入する物件の重要な決まり事を説明し、理解した上で契約をおこなうために説明があります。通常、契約日と同日に説明をしますが、その場で多くの説明事項をすべて理解することも難しいので予めコピーを貰い読んでおくのが良いです。
  • STEP6

    不動産売買契約を結ぶ

    ローンの事前審査でOKがでたら、売主と売買契約を結びます。契約日までに、手付金(物件価格の5〜10%程度)が必要になりますので、現金の用意ができるようにしておきましょう。

この記事のまとめ

リノベーションでの「物件購入」の大まかなフローは以上です。通常、物件購入まで約2ヶ月程度の期間で決まることが多いです。ここまでで同時に行うことは、リノベーション会社の検討と選定、具体的なプランの打ち合わせ、住宅ローン審査の申し込みになります。
次回はリノベーション工事のスケジュールを見ていきます。


こちらの記事も好きかも?


Related posts

壁のリフォームって大変!?リフォームパターンが知りたい

家路まい [外部ライター]

自然と共に!アフリカンスタイルで優しく壮大な空間にしたい

家路まい [外部ライター]

何年経っても愛されるLIXILのシエラで楽しいキッチンにしよう!

家路まい [外部ライター]

LIXILの最先端技術とGROHE(グローエ)のデザインでトイレ空間を華やかに!

家路まい [外部ライター]

進化したシャワーユニットで一流ホテルのような生活を!

家路まい [外部ライター]

洗練されたミニマルな空間で上質な時間を!

家路まい [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。