家造りの基礎知識 注文住宅

安い土地にはご用心!再建築不可の土地とは

家を建てるために土地探しをしていると「再建築不可」という不動産物件を目にしたことがあるのではないでしょうか。再建築不可ということから、建築が難しい物件ということはなんとなくイメージできても、詳しく理解している方は少ないかもしれません。今回は、再建築不可の物件とはどのようなものか、ご紹介していきます。

再建築不可の物件とは?

再建築不可の物件とは、文字通り「新たに建物を建てることができない」物件です。現在の建物を壊して更地にしたら、その後はその土地で建物を建てられないことになります。その理由はふたつあります。

・前面道路が建築基準法上の道路ではない
・接道2m未満である

建築基準法では、建物を建てるには、原則として幅員4m以上の道路に「2m以上」接していることが必要とされています。もし4m未満である場合でも、建築基準法の道路と認められているものであれば可能です。

道路に接道していないと、車を敷地に入れるために他人の土地を利用するなど不便が生じます。また、道路のような「道」が物件の前に通っていたとしても、法律で認められていないものなら、建築許可が下りません。再建築不可の物件は、新築を検討している方にとっては向いていない土地といえます。

再建築不可の物件を購入するメリット

再建築不可の物件は、物件価格として安く売買されていることが大きなメリットです。そのため、新築を検討している方には向いていませんが、リフォームしようと考えている方などは、安く物件を購入することができます。

再建築不可の物件を購入するデメリット

リフォーム目的で安く購入したとしても、再建築はできませんからリフォーム後に建物が古くなったとき、やはり新築ができないのがデメリットです。また、再建築不可の物件という条件がありますので、売却するにも特定の顧客に限定されるリスクがあります。簡単には売買できないかもしれません。

再建築不可の物件は将来的な活用を考える

再建築不可の物件は、リフォームなどには対応できるため、安く購入しその分リフォーム費用に資金を使うことができますが、どのくらいの年数で住み続けるのか将来的な計画もしっかりと検討してから選択することが大切です。敷地と道路の状況が変わらなければ将来に渡って建て替えは出来ない物件のままです。もし購入する際には十分に検討しましょう。

まとめ

今回は、再建築不可の物件についてご紹介しました。新築を検討している場合は、再建築ができないため、なかなか選択肢にはならないとは思いますが、一般的な相場よりも安く売買されているため、とりあえず購入するという方法を考える方もいるかもしれません。しかし、基本的には再建築はできませんので、安易に選択することがないようにしっかり検討することをおすすめします。

Related posts

土地選びで気を付けたい「準防火地域」とは?

miyako [外部ライター]

収納力は押入れとクローゼットで違いがある?

miyako [外部ライター]

企画型住宅と注文住宅の違いは?

miyako [外部ライター]

アフターサービスとしての定期点検は何をするの?

miyako [外部ライター]

キッチン・ユニットバスの一般的なサイズはどれくらい?

miyako [外部ライター]

みなし道路って何?土地選びで気を付けるべきこととは

miyako [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。