家造りの基礎知識 注文住宅

企画型住宅と注文住宅の違いは?

「家づくりをはじめよう」と考えたとき、住宅の種類で「企画型住宅」がよいか「注文住宅」がよいか迷ってしまうことはないでしょうか。二つの住宅の種類にはいったいどんな違いがあるか、詳しく理解できていない方もいるかもしれません。そこで今回は、企画型住宅と注文住宅の違いについて詳しくご紹介していきます。自分たちの家づくりではどちらに向いているのか、ぜひ参考してください。

企画型住宅と注文住宅とは

「企画型住宅」は「規格型」といわれることもあります。「注文住宅」とはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を確認していきましょう。

企画型住宅

企画型住宅は、はじめから間取り、外観のデザインなどの選択肢の範囲が決められています。多少の自由度はありますが、一般的には用意されているプランで進むことが多いでしょう。

企画型住宅は、コストを抑えて質の高い住宅を建てることが目的とされていることが多いため、住宅会社側から考えるコストパフォーマンスのよい間取り、しっかりとした構造計算などが計画されています。構造計算なども済んでいるため、間取りを変えてしまうと構造計算が当てはまらなくなり、企画型住宅では対応できないという可能性があります。

最初から決められた間取りとはいえ、キッチンやバスルームなどの設備は選べる場合もあります、また、内装はほとんどのケースでオプションなども可能です。

注文住宅

注文住宅は、間取り、素材、設備などを自由に設計・計画できるものです。注文住宅としての範囲は、実はとても広く、建売住宅でなければ「注文住宅」という見方もあります。そのため、企画型住宅も注文住宅の一つともいえます。

注文住宅は、間取りなど家づくりの要望を伝えることからはじまり、住宅会社とは何度も打ち合わせを重ねて完成させていきます。オリジナルな住宅になるため企画型住宅と比較すると家づくりにかかる費用は割高になることが多いでしょう。

それぞれの住宅のメリットは?

企画型住宅は、高品質の住宅を、価格を抑えて建てられることが大きなメリットの一つです。また、モデルハウスなどで住宅の完成した雰囲気を体感することができるため、完成後にイメージとの違いはほとんどないでしょう。設計図も完成されていますので、住宅完成までの期間が比較的に短いこともポイントです。

一方、注文住宅は、自分の要望を取り入れた住宅を建てられることが大きなメリットです。間取り、素材、設備など自分たちのライフスタイルに合わせた、自由度が高い対応が可能です。予算とのバランスも考慮する必要はありますが、完成するまでの楽しみも増えていきますね。

まとめ

企画型住宅がよいか注文住宅がよいか、どちらもそれぞれにメリットがあります。住宅展示場では、どちらの住宅も見学できることもありますので、予算や要望などに応じて自分たちにとって最適な選択ができるように、しっかりと計画していきましょう。

Related posts

アフターサービスとしての定期点検は何をするの?

miyako [外部ライター]

キッチン・ユニットバスの一般的なサイズはどれくらい?

miyako [外部ライター]

みなし道路って何?土地選びで気を付けるべきこととは

miyako [外部ライター]

失敗しない内装カラーの選び方

miyako [外部ライター]

省スペースで洗面室と脱衣室を分ける工夫とは

miyako [外部ライター]

薪ストーブを採用するときに気を付けるべきこととは?

miyako [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。