家造りのアイデア

間取りの工夫で家事がラクになる暮らしを手に入れたい!

家事がラクになる間取りが知りたい!

家事には、料理、洗濯、掃除、子育て、買い物と、言葉で表すと大変さを感じにくいものですが、実際にはすべてのことをちゃんとしようと思うと、1日時間があっても足りるものではありません。 
そして、家事にお休みがある訳ではなく、毎日同じ作業があると分かっているのですから、少しでもラクに生活することができるように工夫したいと思うことでしょう。 
近年は共働きの家庭も増えていますので、少しでも短時間でラクに家事ができる工夫を取り入れたいですね。 
 

センターキッチン

キッチンが中心にあることで、キッチンの周りを一周することができ、子供からお年寄りまで自然と家事に参加しやすい空間になるでしょう。 
また、家事をしながら周りを見渡せることができるので、孤立して家事をするのではなく、家族とコミュニケーションを取りながら作業ができるのが嬉しいですね。 
 

隠せるキッチン収納

どんなに片付け上手な家庭でも、食器から家電まで、キッチンの収納スペースはごちゃごちゃしてしまうものです。 
収納自体に扉を取り付け、スッキリ隠すことで、壁と同化してキレイに見えるでしょう。また、ホコリも溜まりにくくなるのも嬉しいですね。 
 

サニタリーへの便利な動線

掃除をラクにするポイントとして、家全体に掃除する場所があることから、少しでもラクに動くための動線が重要になってくるでしょう。 
1日の中でも家事の分量が多く、滞在時間の長いキッチンとサニタリーの動線を短くすることで、家事の作業効率が上がるでしょう。 
また、色んな部屋をぐるぐる回れるような間取りにすると、部屋間の移動がスムーズで、部屋の中の風通しも良くなるのでおすすめです。 
 
サニタリー収納

家事の中でも、物を片付けることをラクにするポイントは意外と簡単なことです。 
決まった場所にスムーズに収納できること、適切な場所に適切な容量の収納があることが、ストレスなく家事をすることに繋がるポイントです。 
特にサニタリー部分は、住んでみて、家族が増えてから、収納場所が足りなかったことに気づきやすい場所でもあります。 
洗剤のストックやタオルなどの備品、水回りの掃除用具など、サニタリー回りには収納したいものが多くあります。 
収納するものを考慮して計画することで、自然と生活がしやすい空間になるでしょう。 
 

段差解消でお掃除ラクラク

家事には優先順位があり、掃除は余裕のある週末にしようと後回しになりがちな人も多いことでしょう。 
少しでも短時間でラクに掃除を出来るように間取りを工夫し、室内の段差を無くすことで、散らかりにくくなり、ホコリも溜まりにくくなります。 
また、家の中の段差を無くし、バリアフリーにすると、体に優しい生活を送れるだけでなく、お掃除ロボットの行動範囲を広げることに繋がります。 
毎日の家事は、掃除以外にも色々ありますので、お掃除ロボットに任せることができる場所は、頼ることで時短にもなりますので、時間が足りない人におすすめです。 
 

シューズクローク・リビング収納空間

玄関から直接見えない位置にシューズクロークを設置することで、他人から見えないため、急な来客に対応できます。 
また、キャンプ道具などの置き場所に困っていた物を収納することができ、散らかりにくく、片付けがラクになるでしょう。 
他にも、子供の成長に合わせて靴などの収納量も必要になりますし、三輪車や砂場道具など、屋外での遊び道具などもストレスなく、収納できるのも嬉しいでしょう。 
 

こだわりの収納家具

片付けをラクにするために、収納スペースを増やしたい場合、間取りで収納空間を確保する以外にも、家具などでこだわることもできます。 
ビルトイン家具にすることで、ホコリが溜まりにくく、ゴミが目立ちにくくなります。 
壁や建具がある訳ではないので、家族構成や収納量の変化があった場合に、簡単に取り除くことが可能です。 
 

ユーティリティスペースを活用

ユーティリティスペースとは、キッチンや洗面所に隣接して設けられる多目的空間のことです。 
毎日の家事のなかで、外部からの影響を一番受けるのが洗濯ではないでしょうか。 
雨の日や花粉や黄砂の多い時期など、外干しが出来ない時期は、自然と室内干しをすることになります。 
そんな時に、洗濯物を干したり、家事の合間に本を読んだりとさまざまな用途で使用できる空間がユーティリティスペースです。 
間取りに余裕がある場合には、動線を考慮しながら、ユーティリティスペースを取り入れることで、生活にゆとりができることでしょう。 
 

まとめ 

最近では男女関係なく、料理や掃除、片付けをする家庭が増えています。 
家族で楽しく話しながら、家事が楽しく、ラクになるような工夫を取り入れたいですね。 

Related posts

子供部屋は南向きが良い?学習環境に適した方角とは?

miyako [外部ライター]

お手入れしやすいキッチンの床素材をご紹介

miyako [外部ライター]

木造住宅の構造に使われる集成材とは?無垢材との違いを解説します

miyako [外部ライター]

省スペースで洗面室と脱衣室を分ける工夫とは

miyako [外部ライター]

ガス・電気・灯油の暖房機器は何がいい?それぞれのメリット・デメリット

miyako [外部ライター]

狭小敷地で家を建てるときの注意点とは

miyako [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。