暮らしのアイデア

緑と暮らそう!ハンギングにおすすめの観葉植物・リプサリス

四方八方に細長い茎を伸ばして枝垂れるリプサリスは、吊るして飾るハンギングにおすすめの観葉植物です。ユニークでおしゃれなインテリアグリーンとして人気急上昇中で、コレクターも増えているといわれています。今回はリプサリスについてその魅力と育て方など詳しくご紹介しましょう。

リプサリスとはどんな植物?

原産地と基本情報

リプサリスは主に南アメリカの熱帯雨林地帯に生息し、樹木の幹や岩に着生して育っています。多肉植物でサボテン科に分類されていますがトゲはありません。草丈は10cmから長いもので1m以上伸びるものもあります。種類が多く世界には60以上もの品種があるといわれていますが、日本ではあまり流通していないので、希少性の高い観葉植物です。リプサリスという名前はギリシャ語で「枝細工」を意味する言葉が由来とされています。リプサリスの細くてしなやかな茎が、繊細な細工物のように見えたことからこの名前が付けられました。
 

茎の特徴


葉のように見えるのは実は茎です。リプサリスの茎は細長くしなやかで、どんどん枝分かれして縦横無尽に伸びます。その様子が髪の毛のように、または網のようにも見えてとてもユニークな容姿です。茎は黄緑色で細い筒状のもの、濃い緑で表面が白く短い毛で覆われているもの、ギザギザで平たく赤紫に紅葉するものなど、色や形態もさまざまな種類があります。
 

花の特徴


4月〜6月にかけて白色や黄色、ピンク色のかわいらしい花が咲きます。花の大きさは3~5mmでとても小さく、茎の先端から伸びた花茎に開花します。透明感がある小さな花や花後にできる白色の実が可憐で、そこがまた人気を集めるポイントにもなっています。
 

リプサリスの管理

日当たり

リプサリスはジャングルに自生し、高い木の下や岩陰で木漏れ日を浴びながら生育する性質なので、強い日差しが苦手です。直射日光が当たる場所では葉焼けを起こして枯れてしまうことがあるので、レース越しの窓辺などに飾るようにしてください。
 

温度

夏の暑さには比較的強いのですが、耐寒性は低いので冬の寒さには注意が必要です。10℃ぐらいまでは大丈夫ですが、冬場はできるだけ暖かい部屋に置きましょう。ハンギングにして高い所に飾れば、低い場所よりも空気が暖かいので冬の間も安心です。
 

リプサリスの育て方

水やり

耐乾性は強いですが、乾燥し過ぎても元気がなくなってしまいます。土が乾いたら鉢底から流れるまでたっぷりと与えましょう。高温多湿が苦手なので水やりはできるだけ涼しい時間帯に与え、特に夏場には過湿にならないようにしてください。冬場は水やりを控えて、月に1回程度で十分です。
 

肥料

比較的丈夫なので、特に肥料を与えなくて大丈夫です。少し成長が止まっている場合には、4月~6月、9月〜11月にかけて月に1回液体肥料を施すとよいでしょう。肥料を与え過ぎると肥料やけを起こして枯れる原因となります。また高温になる夏や成長を完全に休止する冬には肥料を与える必要はありません。
 

植え替え

土が古くなって水をあまり吸わなくなったり、底穴から根が出てきたりしたら植え替えのサインです。そのままにしておくと根詰まりして成長が止まり、葉が落ちてしまうことがあります。植え替えに適した時期は春と秋の成長期です。根を傷めないように気をつけながら鉢から苗を引き抜き、古い土を落として根を4~5cm程度に切り詰めてから、一回り大きな鉢に新しい土で植え付けましょう。
 

リプサリスの風水と飾り方

邪気を払う風水効果

「森のサボテン」という別名があるリプサリス。風水ではリプサリスは邪気を払う効果があるとされています。外から入ってくるマイナスエネルギーや邪悪な気を、リプサリスではね返しましょう。外気が入りやすい玄関や窓辺などに飾るといいですよ。 家族間やご近所とのトラブルなど、さまざまな問題からも守ってくれるかもしれません。
 

空気をリフレッシュする効果

リプサリスには室内の空気を浄化する力もあるといわれます。またサボテン科に属するリプサリスには、「偉大」・「燃える心」・「温かい心」という花言葉があります。新しく家を建てた方へ「温かい心」を込めてリプサリスの鉢植を贈れば、空気浄化の効果でシックハウス対策にもなり、きっと喜ばれることでしょう。
 

リプサリスの飾り方

ハンギングにして吊るす
リプサリスの茎が長く伸びて枝垂れる性質を生かすには、ハンギングにして窓辺などから吊るす方法が最適です。重量を抑えるために、腐葉土などの軽い用土を使用しましょう。
 

水に差して飾る
長く伸びた枝をカットして透明でおしゃれな容器に水挿しするだけでも育てられます。キッチンやリビングにさりげなく置くと素敵なインテリアになりますよ。
 

まとめ


縦横無尽に茎が広がるフォルムがユニークなプサリスはおしゃれなインテリアグリーンです。耐陰性があるのでどんな場所でも育ち、寒さと湿気に気をつければ簡単に栽培できます。近年人気が高くなってきているので販売している園芸店も増えつつありますが、もし実際に見つからなかった場合は通販サイトを利用するのも一つの方法です。楽天やAmazonなどの有名サイトであれば、しっかりしたよい苗を送ってくれるので安心ですよ。ぜひリプサリスを手に入れてインテリアグリーンの仲間に加えてみてくださいね。

Related posts

季節の旬食材で美味しい晩ごはん!かつおのたたきの漬け丼

Happy Table [外部ライター]

初心者でも安心♪「ウェットティッシュケース」をデコパージュする方法

Aiko [外部ライター]

新茶の季節を楽しむ!混ぜて冷やすだけの簡単抹茶のパンナコッタ

Happy Table [外部ライター]

春の門出のお祝いに!手軽で華やかな鯛のアクアパッツア

Happy Table [外部ライター]

緑と暮らそう!魅惑的な多肉植物・ハオルチア

Mint [外部ライター]

【コード収納アイデア特集】100均グッズを活用してコードをすっきり整理整頓!

Aiko [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。