リノベーション/リフォーム 設備のリフォーム

故障する前に!お風呂のリフォームの適正時期を見極めよう

家の設備の中には故障すると生活に支障が出るものも多く、浴室やトイレなど生活に欠かせない設備は特に注意が必要です。 
不具合を感じる時点で、目に見えない部分で劣化が加速している場合が多く、完全に故障してしまってからでは大掛かりな工事に発展することがあります。 
生活する上で欠かせない部分だからこそ、リフォームのタイミングを見極めながら、早めに対処できるように心掛けると良いでしょう。 
 

お風呂のリフォームには適正時期がある?

お風呂のリフォーム時期は、大体20年が目安とされており、経年劣化による不備が見つかる頃ではないでしょうか。 
目視で確認できる部分で言えば、浴室内部に汚れやカビが目立つようになったり、壁や床のひび割れなどの劣化が分かりやすいでしょう。 
劣化が進むことで、マンションでは漏水の原因になったり、木造住宅の場合には、土台や基礎部分が腐食したり、シロアリ被害に遭っている可能性もあります。 
他にも、15~20年経つと、浴室の設備本体が古くなっており、無駄にエネルギーを消費することで光熱費が高くなったり、メンテナンス不足から清潔な状態を保てていない可能性もあります。 
水回りの設備や空間のお手入れは日々、頑張っていても難しいものです。 
定期的なメンテナンスを行ったり、適切な時期にリフォームする必要があるでしょう。 
 

リフォーム時期を見極めるポイント

カビが取れにくく悪化してきた

湿気が多い場所に発生しがちなカビですが、浴室は特に発生しやすい場所と言えるでしょう。 
毎日、丁寧なお手入れをしていても梅雨時期に発生してしまうものです。 
小さなカビだからと放置すると、気付けば広がっていたということも良くあります。 
カビの汚れがひどいと、アレルギー反応や肺炎を引き起こす原因になり、衛生的にも良くないでしょう。 
あまりにもひどいカビは、プロでも落とせなくなってしまいますので要注意です。 
 

浴室の壁や床、浴槽にひび割れや錆

浴室内のタイルやコーキング材にひび割れがある場合、小さなひびでも、その部分から湿気や水分が内部に浸透する原因になります。 
外壁に水が染み出している場合には、構造部分まで腐食が進んでいる可能性があります。 
他にも水漏れを引き起こす原因にもなります。 
腐食が進む前に補修することで、補修費用を抑えることができるので、気付いた時にはできるだけ早めに専門業者に見てもらい、対処しましょう。 
 

温度調整が上手にできない

給湯器の寿命は10~15年が目安とされていますので、「温度が安定しない」「お湯が出ない」「異音がする」「ニオイや煙が出る」など、少しでも異変があった場合には、早急に専門業者に見てもらいましょう。 
修理で直ることもありますが、年数次第では、交換のサインだと思っても良いでしょう。 
 

洗面室の床が腐食

浴室に隣接している洗面室の床は、湿気が多く、お風呂上がりの水滴が落ちやすい場所になります。 
素材に配慮して施工されていますが、それでも腐食してしまう場合もあります。 
床の剥がれやひび割れ部分から、湿気が入り込み、劣化を進めてしまいますので、腐食の原因になりそうな破損は早めに補修しましょう。 
 

排水口のトラブルや異臭

排水口から異臭がする場合、排水管がゴミや汚れで詰まっている可能性があります。 
そのまま放置すると、排水管が破損したり、水漏れの原因になってしまいます。 
また、排水管自体にも耐用年数があり、経年劣化するということを頭に置いておきましょう。 
排水管本体のトラブルなのか、内部のトラブルなのかを判断し、配水管の劣化の場合には大掛かりな工事になることが多いので、早急に専門業者に対処してもらいましょう。 
 

20年以上メンテナンスをしていない

住宅設備は何か不具合が起きない限り、リフォームをしたり、メンテナンスをしない人が大多数でしょう。 
そのため、経年劣化しているのに気付かないことが多く、問題が大きくなってしまい、高額なリフォーム費用が掛かることがあります。 
「換気扇の音がうるさくなった」「蛇口を締めても水が漏れる」「建具は閉まりにくい」など、ちょっとしたことに見えがちですが、小さな不具合を見逃すことで、大きなトラブルに発展します。 
点検できる部分は、定期的にチェックしてみると良いでしょう。 
 

最新設備で省エネ、節約生活

住宅設備は日々、進化しており、省エネ機能や家事がラクになるような工夫が取り入れられています。 
大量のお湯を使用するお風呂は、電気やガスに関わらず、お湯を沸かすのに多くのエネルギーを消費しますので、最新設備を取り入れることで、ランニングコストを削減できることは、長い目で見るととてもお得でしょう。 
掃除やメンテナンスが簡単になる上に、水道代や光熱費の削減に繋がるのはとても嬉しいですね。 
 

まとめ

お風呂は日々の汚れや疲れを取り、気持ちをリフレッシュさせてくれる場所です。 
生活に欠かせない場所だからこそ、故障する前にリフォーム時期をしっかり見極めたいですよね。 
古くなったお風呂を清潔で快適な空間にリフォームし、毎日充実したバスタイムを過ごしましょう。 

Related posts

シニア世代も楽しみたい!友人とシェアハウスしよう

家路まい [外部ライター]

ペットが快適に暮らせる間取り!ネコちゃんのための立体空間

家路まい [外部ライター]

トイレリフォームのタイミングや方法が知りたい!

家路まい [外部ライター]

和室も時代に合わせてリフォーム!畳のある生活を手に入れよう

家路まい [外部ライター]

リフォームで変身!バリアフリー対応の家で快適な暮らしを

家路まい [外部ライター]

危険な床をチェック!床リフォームの時期を知りたい!

家路まい [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。