リノベアイデア リノベーション/リフォーム

子供の成長と共にカタチを変えられる家を作りたい!

家の購入を考える際、新築物件や中古物件、戸建て、マンションに限らず、最初に検討するポイントがあります。 
それは、家族構成を考慮した間取りなのです。 
住宅設備や壁紙、建具など、家を彩る細かいコーディネートは、家の大きさ、間取りが決まった後でゆっくり検討することができますので、まず最初に間取りを決めることになるでしょう。 
若い夫婦であれば子供が増えたり、その子供が成長した先に独立したり、祖父母との2世帯の生活が始まるパターンもあったりと、それぞれの家庭で優先して取り入れたい部屋や空間の広さがあるものです。 
このように多くの家族が、10年後、20年後に同じ家に住んでいるとは限らず、家族構成が変わっていることも多いでしょう。 
自分たちの将来を想像しながら、自分たちだけの間取りを計画しましょう。 

 

子供の成長と共にカタチを変えられる家

間取りを考える時に家族構成によって考慮したいのが、部屋数や部屋の広さ、収納の大きさや場所、トイレの数などではないでしょうか。 
家族が増えたり、巣立ったりすることで必然的に、部屋数が足りなくなったり、不要になったりするので、部屋の数や大きさは、ある程度の未来を想定して考えたいものです。 
そして、必然的に家族が増えれば物は増え、そして家族が増えなくても年々、物は増えていくものなので、どのくらい収納が増えるものなのか想像して検討すると良いでしょう。 
そして盲点と言えるのがトイレの数ではないでしょうか。 
既存の住宅にトイレや水回りを増設したり、移設することは大掛かりな工事になり、費用も掛かり、配管などの問題で設置できない可能性もあります。 
家族の人数が多くなりそうな場合や、将来的に2世帯が予想できる場合には、最初からトイレを増やしておくと良いでしょう。 
 

リビング横の畳コーナー

子供が小さいうちはリビングの横に畳コーナーがあるととても便利です。 
乳幼児の期間は、キッチンやリビングで家事をしながらでも、目に入る位置にいてくれることで安心して作業することができるでしょう。 
そして、フローリングより柔らかく、温かみがありますので、布団があれば、簡単に母子の寝るための場所にもなります。 
子供がいる世帯にとても需要がある空間と言えるでしょう。 
また、子供が成長した後は、仕切って来客用のスペースとして活用することもできます。 
それ以外にも、祖父母と同居することになった場合にも、和室と馴染みが深い世代ですので、とても喜ばれることでしょう。 
 

リビング横にオープンできる洋室

普段は扉を全開に開けておくことで、セカンドリビングとして使用できます。 
来客時など一時的に人数が増えた時など、リビングが広くなることで、より居心地の良い空間にもなるでしょう。 
また、扉を閉めてしまえば、主寝室などのプライベート空間になりますので、部屋数が増えますので、生活リズムが異なる家族が活用するのも良いでしょう。 
多種多様な使い道があることから、最近では、間取りや住居スペースに限りのあるマンションなどで目にする機会も増えているでしょう。 
 

将来的に分けることができる広さの部屋

乳幼児時代には、大きなおもちゃが多く、ある程度の遊ぶスペースも必要としますので、必然的に広いスペースが必要になるでしょう。 
また、ベビーベッドや、オムツやお尻拭きなどのストックしたいものが多い時期ですので、部屋をどんな使い方をしたいのかで広さを検討しましょう。 
そして、乳幼児、子供時代は兄弟姉妹で同部屋にすることが多いと思いますが、子供が大きくなるとそれぞれの部屋が必要になることが多いでしょう。 
将来的のことを考え、広いスペースを確保しておくことも大事ですが、部屋を分ける時にそれぞれの部屋が変な形状にならないように考慮して計画すると良いでしょう。 
 

可動式収納で部屋を区切る

子供部屋

部屋の収納を可動式収納にすることで、将来的に部屋を区切る時の壁として役割を果たしてくれます。 
普通の壁で仕切るほどの防音効果はありませんが、2部屋に分ける必要が無い時に、簡単にワンルームに戻すことができるので、臨機応変に対応できるメリットがあります。 
 
リビング

子供が小さい時はリビングの見通しを良くし、子供の姿が見えるように壁側に設置しましょう。 
そして、子供が大きくなったら、空間の用途を変更するために、収納を仕切るための壁として、移動させることが可能です。 
 

まとめ 

住宅の間取りを検討する場合、現在の家族構成だけでなく、将来を見据えた間取りを検討すると良いのですが、将来のことは誰にも分かりません。 
あまりにも広い部屋を確保したり、好みではないのに将来のことを考えて妥協したりする必要はありません。 
将来的にも工夫できたらいいけれど、今を一番大事に計画すると、満足のいく自分だけの家になることでしょう。 

Related posts

トイレリフォームのタイミングや方法が知りたい!

家路まい [外部ライター]

和室も時代に合わせてリフォーム!畳のある生活を手に入れよう

家路まい [外部ライター]

リフォームで変身!バリアフリー対応の家で快適な暮らしを

家路まい [外部ライター]

危険な床をチェック!床リフォームの時期を知りたい!

家路まい [外部ライター]

目に見えないけれど要注意!配管のリフォームの時期を考えよう!

家路まい [外部ライター]

空間を有効活用したい!リフォームで取り入れたい収納パターン

家路まい [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。