リノベーション/リフォーム 内装のリフォーム

リフォームするなら収納上手でスタイリッシュな家にしたい!

新築時に計画して収納を多めに作ったつもりでも、購入する度に物は増え、収納はあっという間に埋まったり足りなくなるものです。 
また、断捨離ブーム以来、今、必要でないものを整理する人が増えてきましたが、それでもライフスタイルや家族構成の変化などで、物が増えていくのが一般的でしょう。 
中古物件を購入してリノベーションする時、今住んでいる家のリフォームを検討する時など、収納スペースが足りないと感じている人は、タイミングを逃すことなくしっかりと収納計画を立てたいですね。 
 

すっきり整頓!収納スペースをたくさん作りたい!

収納スペースの広さや、位置を決める時、まずは自分の持っている物の種類と分量を把握しましょう。 
そこから、よく使う身近に置きたい物、必要な時に出せば良い奥に片付けられる物、玄関周りに収納したい物など分類をしておけば、どこにどの程度の収納がいるのか目安になるでしょう。 
 

部屋に付属

家具

Walk In Closet トランジショナル-クローゼット

部屋に必要なだけ家具を設置するスタイルは、一般的な収納方法でリフォームやリノベーション関係なく、いつでも気軽に移動できます。 
模様替えを頻繁に行い、家具の入れ替えをよく行う人にオススメです。 
 
飾り棚

Upper East Side Project コンテンポラリー-クローゼット

部屋の壁に飾り棚を設置すると、そこに写真やフィギュア、花などを置くことで自分だけのこだわりを表現できますので、部屋のインテリアとしてとても人気があります。 
店舗などでは、その飾り棚の棚の厚みや耐荷重を考慮しながら、収納やディスプレイに活かしています。 
物が少なく、整理整頓を上手にできる人には、見せる収納スタイルもオススメです。 
 
クローゼット

Lema モダン-クローゼット

昔からクローゼットはありましたが、似たような大きさや形で「クローゼットの扉だけ部屋の雰囲気に合わない!」ということもあったかもしれません。 
近年のクローゼットは大きさや扉の材質まで選ぶことができますので、自分好みの部屋の雰囲気に合わせたオシャレなクローゼットを採用することが可能です。 
ウォークインクローゼットを設置するほど面積の余裕は無いけど、しっかり収納が欲しい人にオススメです。 
 

ウォークインクローゼット

独立型

47 Old Orchard Lane ビーチスタイル-クローゼット

最近では、ウォークインクローゼットがある家も増えてきましたが、実際にあるととても便利な空間です。 
生活空間を広く確保するためにも、収納スペースを家の一ヶ所にまとめてしまうことも理に適っていますし、収納が散らばっているよりも、物の場所を把握しやすいでしょう。 
またウォークインクローゼットはとても広いため、小さな収納スペースに入りずらい物も簡単に収納できるでしょう。 
 
アクセント

『Hygge(ヒュッゲ)』な『Hütte(ヒュッテ)』(マンション/apartment) ミッドセンチュリー-クローゼット

一般的なウォークインクローゼットは、住居面積内の採光の取れない部屋と部屋の間に作られ、ウォークインクローゼットの中を人に見せたくない人も多いため、どちらかと言えば閉鎖的な空間になりがちです。 
逆の発想をすると、ウォークインクローゼットにガラス窓を付け、部屋のアクセントにすることで、個性的な空間を演出できるでしょう。 
また、クローゼットの中身が一部見えることで部屋と一体感が出るので、個人の居室に付属させるのがオススメです。 
 

壁面収納

通路

Longview Transitional トランジショナル-クローゼット

壁に合わせて一面に収納を設置したものを壁面収納と言うのですが、高さのある家具を並べると圧迫感が出てしまうところ、壁面収納は壁と一体化しているため、高いものに囲まれているという感覚を軽減できます。 
また、天井まで繋がっていることで、地震など安全面でも安心でしょう。 
特に玄関からリビングまでの動線に壁面収納があると、居室まで持ち込みたくないものも多いので、生活する上でとても便利になるでしょう。 
 
居室

Paris 3 | Vieille du Temple コンテンポラリー-クローゼット

個人で使用する居室には、服から小物まで物が増えやすく、収納が足りなくなることが多いでしょう。 
背の高い家具をいくつも並べるのであれば、最初からたっぷり収納できて安全な壁面収納を採用しても良いでしょう。 
 

玄関収納

オープン

玄関周りに置きたいものはとても多く、人数分の傘や鞄、コートなど、天候が悪い日でも居室まで持ち込まなくて良いのがとても良いでしょう。 
また、収納家具を設置するのであれば、ソファや少し腰を下ろせる場所も作ると、子供やお年寄りに、より優しい玄関になるでしょう。 
 

Bespoke Boot Room In Coastal Home トラディショナル-玄関

シューズインクローゼット
Ok様邸 北欧-玄関

玄関周りには、傘や鞄、コートなどももちろんありますが、ベビーカーや、子供用自転車、砂場道具、キャンプ道具など、屋外で使用するものや大型な物を収納する場所として有効です。 
物置が無い家が多いので、とても重宝するでしょう。 
 

床下・屋根裏

Closet Organizing Systems クラフツマン-クローゼット

床下や屋根裏は、日常使いとしては現実的ではないかもしれませんが、ストック用品やシーズンで入れ替えるものなど、使い道はたくさんあるでしょう。 
もし空きスペースがある場合には、ぜひ検討してみましょう。 
 

デッドスペース

На берегу лесного ручья 北欧-クローゼット

家の中には、柱や梁、配管スペースなどによるデッドスペースがある場合があります。 
その場所も棚を置いたり、創意工夫することで収納場所に変身するでしょう。 
人の目に付きやすい場所の場合、カーテンやロールスクリーンなどで目隠ししてみましょう。 
 

まとめ 

収納問題は生きている間の永遠の課題なのではないかと思うくらい、まだまだ改善できる場所です。 
しかし、収納方法などは工夫することができても、収納スペースを急に広げることはできません。 
リフォームやリノベーション時をきっかけに、片付け上手な家を目指しましょう。 

Savannah's Room コンテンポラリー-クローゼット

Related posts

壁のリフォームって大変!?リフォームパターンが知りたい

家路まい [外部ライター]

自然と共に!アフリカンスタイルで優しく壮大な空間にしたい

家路まい [外部ライター]

何年経っても愛されるLIXILのシエラで楽しいキッチンにしよう!

家路まい [外部ライター]

LIXILの最先端技術とGROHE(グローエ)のデザインでトイレ空間を華やかに!

家路まい [外部ライター]

進化したシャワーユニットで一流ホテルのような生活を!

家路まい [外部ライター]

洗練されたミニマルな空間で上質な時間を!

家路まい [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。