リノベアイデア リノベーション/リフォーム

空間を上手に使いたい!機能的かつオシャレな廊下に変身!

Anchor Bend コンテンポラリー-廊下

一般的な住宅には、廊下が備えられていますが、最近では廊下というスペースを確保しない間取りも増えてきています。 
それは、廊下は部屋間をつなぐ役割であり、それ以上の役割を見出されていないからではないでしょうか。 
実際に間取りを考える際も、居室としての有効面積を増やすために、できるだけ廊下の面積を減らそうと考える人の方が多いでしょう。 
しかし、多様化の時代ですので、ただの通路として考えるのではなく、もっと廊下の面積を増やして大きな空間にしたり、インテリアを利用して工夫することで、本来の廊下の役割に付加価値がついて、魅力的な空間になるでしょう。 
 

機能的かつオシャレな廊下にするためのアイデア

廊下の役割

The Mountain Green Modern Farmhouse カントリー-廊下

廊下とは、建物内の細長い通路のことを指し、部屋間を自由に行き来するための空間です。 
あまり深く考えたことがないと思いますが、実はそれ以外にも部屋同士を区切るという役割もあります。 
廊下を使用することで、生活スタイルや時間帯のズレがあるリビングと寝室を遠くに配置することができたり、子供部屋と親世代の寝室はプライバシー確保のために通路を挟んで配置したりと、普段意識はしていなくても、自然と廊下の機能を活用していることでしょう。 
また、廊下は収納場所を確保するのにも適していますし、使い道はたくさんありますので、固定概念を取っ払って、魅力溢れる廊下を演出してみましょう。 
 

奥行を強調する

同じ物を並べる

Modern Mountain Home トランジショナル-廊下

壁の絵画や装飾、照明器具など同じ大きさの物を等間隔に飾ると、遠近法により、奥に飾ったものほど小さく、間隔が狭く見えます。 
その視覚効果により、通常より奥行があるように見せることができます。 
シンプルだけど、廊下を長くみせるのに効果的で誰でも簡単に取り入れることができるでしょう。 
 
床や壁の長さを強調する

Renovierung Flur コンテンポラリー-廊下

どこか一部分のみ材質を華やかなものにしたり、柄を取り入れた絨毯や壁紙を取り入れる、といった細く長い部分を強調することで、奥行を強調することができます。 
壁紙や床の材質を変えたい場合には、新築時やリフォーム時など限られてしまいますが、絨毯を配置することは容易ですし、既存の壁や床の上に直接貼れるようなタイプのものであれば簡単に取り入れることが可能でしょう。 
 
壁や床の柄で奥行を強調する

Couloir RDC コンテンポラリー-廊下

掃除の大変さや、地震などの観点から、壁に絵画や装飾を飾るのが好きではない人もいるでしょう。 
その場合、壁や床自体を等間隔のデザインにすることで、目の錯覚を利用して奥行を感じられるようにすることが可能です。 
 

収納場所として利用する

オープンな見せる収納でこだわりを出す

Library Hall トランジショナル-廊下

家の中の収納スペースには限りがありますので、収納場所が足りない場合には廊下も視野に入れると良いでしょう。 
その場合、収納する時に人の目についても良い物を選択する必要がありますので、洗剤やトイレットペーパーなど生活感の溢れる物ではなく、本やDVD、写真など趣味の一部を収納するのが良いでしょう。 
 
隠す収納ですっきり見せる

Historic Home Interior Renovation トラディショナル-玄関

収納したい物を隠すタイプの収納の場合、どんな物を収納しても自由です。 
特に玄関周りには収納スペースが少ないことが多いので、玄関周りの物で、通常の収納に入りきれなかったものを片付けるチャンスではないでしょうか。 
スッキリとしたエントランスにするためにも有効な手段と言えるでしょう。 
 

人に見てもらうことを意識した空間を作る

California Quarry コンテンポラリー-玄関

玄関から見える廊下に、自分のこだわりの物を見えるようにセンス良く配置することで、家を訪れた人が楽しくなるような空間になるでしょう。 
こだわりが見えることで、人柄も見え、興味を持ってもらうきっかけになることでしょう。 
趣味の物を片付けるために収納棚を設置するのと、人に見てもらうためにこだわって配置するのとでは意味合いが異なります。 
こだわりのある自分らしい特別な空間にしたいものですね。 
 

人が待機できる憩いの場として活用する

待つ人に優しい空間として

Rivercourse Refuge ビーチスタイル-廊下

玄関先に来てくれた人に、家の中までは入って欲しくないけれども、立ったまま待たせてしまうのは申し訳ない時ってありませんか? 
そんな時にわざわざ椅子を出すのではなく、最初から設置してあれば、気兼ねなく座ることができるでしょう。 
また、靴を履く時に座ることができるので、安定したバランスを保つことができ、生活の手助けにもなることでしょう。 
 
憩いの場としても活用

Beach Front 30A 地中海-階段

廊下は細長いものという概念を失くすことで、いろんな形や広さの廊下を生み出すことができるでしょう。 
少し広めの廊下には、飾り棚やソファ、広さによってはテーブルなども置くことができ、部屋の中に入らずとも、憩いの場として活用することができるでしょう。 
 

ガラス越しに見えるワクワク感

L - Rénovation d'un appartement de 68m² コンテンポラリー-廊下

廊下の壁は耐震強度の基準を上回っていれば、必ずしも壁にする必要はありません。 
ガラス仕様にすることで、廊下の先にある部屋が少し見え、期待感が高まり、わくわくした気分になることでしょう。 
また、キッチンなど部屋を独立させたいけれど、部屋の開放感が欲しい時にも有効ですので、ぜひ取り入れてみましょう。 
 

廊下を作業場にすることで有効活用する

Montana カントリー-廊下

ひと昔前に比べ、住宅の規模がコンパクトになってきており、書斎がある家が少なくなってきています。 
在宅ワークが増え、家の中で仕事をするための部屋を確保したいところですが、部屋を作るのは難しい場合も多いでしょう。 
そんな時には、廊下の側面や突き当たりを作業スペースにすることで、無駄なスペースを効率よく活用できるのでおすすめです。 
 

まとめ 

今までの廊下は、居室でもなく、機能を持った空間でもありません。 
しかし、考え方や使い方によっては、多様化できる場所でもありますので、柔軟な発想力で、こだわりのある魅力溢れる空間にしましょう。 

Related posts

アーバンテイストで洗練されたオシャレ空間に挑戦!

家路まい [外部ライター]

簡単設置!スタイルシェードで厳しい日差しも怖くない!

家路まい [外部ライター]

意外にハードワーク!車イスも対応可能なキッチンで快適空間に!

家路まい [外部ライター]

中古物件の購入前に!最後の決め手に住宅診断をしよう!

家路まい [外部ライター]

購入前に!中古物件の耐震性を確認したい!

家路まい [外部ライター]

LIXILのスマート蓄電システムでいつまでも安心な暮らしを実現!

家路まい [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。