暮らしのアイデア

初心者でも安心♪「ウェットティッシュケース」をデコパージュする方法

衛生対策を意識するようになった昨今、抗菌・除菌効果のあるウェットティッシュを使う回数が多くなった人もいらっしゃるのでは?ウェットティッシュはサッと汚れを拭いて、パッと捨てられて便利です。しかし、ウェットティッシュケースには「抗菌!除菌!」などの文字が大きく印刷されていて生活感が出過ぎたり、逆にパッケージが取れてシンプルになり過ぎたりと、中々オシャレにならないアイテムです。

そこで今回は、初心者さんでも失敗しにくく、オシャレにウェットティッシュケースをデコパージュする方法をご紹介します!

必要な材料&道具

・ウェットティッシュケース(今回は「シルコット」を使用)
・デコパージュ専用液(オールマイティ)
・デコパージュ仕上げ液(光沢仕上げ)
・デコパージュペーパー(白地の柄物がオススメ)
・ハサミ
・筆

※デコパージュグッズは100均にも販売されています。

【リボンアレンジに必要な物】
・レースリボン
・サテンリボン(幅約3㎝)
・木工用ボンド
・ハサミ

※レースリボンはダイソーには売っていない場合が多いですが、それ以外の100均ではハンドメイドコーナーで売っている場合が多いです。無い場合は、手芸店やネット通販でご購入ください。

「ウェットティッシュケース」をデコパージュする方法

①デコパージュペーパーを切ってパーツに分ける

デコパージュペーパーのイラストを囲むように切って、パーツに分けます。

有機的な曲面のある物にデコパージュペーパーを1枚貼りするのは、シワなどできてとても難しいです。デコパージュペーパーをパーツごとに分けることで、好きなイラストを好きな位置に貼ることができ、難易度も下がるので初心者さんにオススメのやり方です。

②パーツを貼る位置を決める

実際にデコパージュする前に、パーツをウェットティッシュケースの上に置いて貼る位置を決めます。先にパーツの位置を決めて貼った方が、デザインのバランスが良くなりやすいです。

③先にデコパージュ液を塗る

ウェットティッシュケースの上に置いていたパーツを外して、パーツを貼る位置に「デコパージュ専用液」を1~2滴垂らします。

「デコパージュ専用液」が均一に伸びるように、筆で塗り伸ばしていきます。

④貼ったパーツの上からデコパージュ液を塗る

先ほど外しておいたパーツを③で塗った位置に置きます。パーツはシワができないように中央から外側にトントンと指の腹で押して空気を抜いていきます。

そして、貼ったパーツの上からまた「デコパージュ専用液」を1~2滴垂らします。

「デコパージュ専用液」が均一に伸びるように、筆で塗り伸ばしていきます。貼ったパーツが破れないように、筆で液を伸ばす時は優しく丁寧に作業してください。

ウェットティッシュケースに貼りたい他のパーツも、③~④の工程でデコパージュしていってください。

⑤デコパージュ仕上げ液を全体に塗る

「デコパージュ専用液」で塗る④までの作業が終わったら、一度完全に乾かします。ドライヤーを使うと乾燥が早くなりますよ♪

「デコパージュ専用液」が乾いたら、次は「デコパージュ仕上げ液」をウェットティッシュケース全体に塗ります。塗りが足りない場合は、完全に乾燥させてから再び「デコパージュ仕上げ液」を塗ってください。

塗った「デコパージュ仕上げ液」も完全に乾燥したら、完成です!

無地でシンプルだったウェットティッシュケースが、デコパージュされて自分好みにオシャレになりました♪

後ろ側は、こんな感じになりました。360°色々な方向からデザインを見て楽しめますね♪

 

リボンでさらにアレンジ♪

【レースリボンの付け方】

ウェットティッシュケースのフタ周辺と下側に、レースリボンをボンドで付けます。

フタ周辺にレースを付ける時は要注意!フタのギリギリにレースを付けると、フタが開かなくなる場合があるからです。フタから約5㎜離れた所にボンドを塗り、レースを貼ってください。

ボンドが乾く前に、フタが開閉できるか確認することも大切です。ボンドが乾く前であれば、レースをずらして微調整することが可能です。

レースリボンを付けると、こんな感じです♪フェミニンで可愛らしさが増します。

【サテンリボンの作り方】

ウェットティッシュケースのフタの上に付けるサテンリボンを作ります。

大きさの違う輪っか状のリボンを1個ずつ作ります。輪っか状のリボンは、片端にボンドを塗ってもう片端をつなぎ合わせるとできます。それとは別に、リボンを約7㎝の長さに切っておきます。

輪っか状にした2つのリボンにボンドを塗って、つなぎ合わせます。輪っか状にした2つのリボンのつなぎ目部分は、上の写真の赤丸で囲んだ位置にするとリボンの仕上がりが綺麗になります。

約7㎝に切ったリボンの中央と片端にボンドを塗ります。輪っか状になった2つのリボンを指で潰して平たくしながら、約7㎝に切ったリボンを巻いて貼り合わせます。

最後にウェットティッシュケースのフタの上に、作ったサテンリボンの裏にボンドで貼って貼り、ボンドが完全に乾いたら完成です!

ツヤツヤのサテンリボンのお陰で、エレガントでちょっとリッチな印象のウェットティッシュケースになりました。

 

まとめ

ウェットティッシュケースをデコパージュして自分好みのデザインにすると、日常的にウェットティッシュを使うのがより楽しくなります♪デコパージュするだけでも、リボンをつけてさらにアレンジしても素敵です。白地にイラストが印刷されたデコパージュペーパーを選ぶと、まるでデコパージュをしたのではなく、ケースにデザインが印刷されたような完成度になります。難しそうに見えて、意外に簡単なのでぜひチャレンジしてみて下さい♪

Related posts

休日の朝ご飯におすすめ!食べ応え抜群のクロックムッシュ

Happy Table [外部ライター]

料理が楽しくなる♪100均グッズでキッチンをプチリメイクするアイデア

Aiko [外部ライター]

作り置きにもおすすめ!さっぱり鯵の南蛮漬け

Happy Table [外部ライター]

緑と暮らそう!ナスのプランター栽培

Mint [外部ライター]

簡単手作りスイーツを楽しもう!爽やかヨーグルトムース

Happy Table [外部ライター]

マスク生活をオシャレに楽しもう!マスクチャームの作り方

Aiko [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。