リノベーション/リフォーム 事例

フルリノベUSER’S VOICE[Vol.01] サンリーノ経堂 ザ・レジデンス

中古住宅を買ってリノベーションしたい!
新築の注文住宅や建売は高くて予算内で満足のいくマイホームができそうにないから中古で考えようかな。。

そんな感じで中古住宅でマイホームをご検討の皆さんが、安心して中古住宅を購入し、良いマイホームにするために、今回は小田急電鉄小田原線「経堂」駅徒歩5分のフルリノベーションマンションの事例をご紹介します。
 

…ところでフルリノベーションマンションって?

マンション1棟まるごとリノベーションマンションとしてご提供する物件です。部屋内のみならず、共用部分の管理もしっかり見てもらえるのはこれから長く住むことを考えると単体で1部屋購入してリノベーションをおこなう場合には無い大きなメリットです。

“リノベーションはマンションの注文住宅。
ライフスタイルにあわせた住まいづくりを実現できます。”

Question.1:コチラの物件を購入したきっかけを教えてください。

もともと賃貸でこの物件に4年間住んでいました。子供達も近所の学校に通っていたことも有り、駅が近く、美味しいものや病院など生活に必要なものが徒歩圏内で揃いとても便利なので、離れられないという考えがありました。賃貸ですけれど、「買い取って住みたいくらいだよね」と話していました。

部屋内は好みではなかったので、買い取れたらリノベーションをして住みたいと考えていました。
今回、サンヨーホームズが、一棟まるごとリノベーションをされるとアナウンスが有り、元々考えていた通り買い取れる上にフルリノベーションできるというお話を聞き、迷わず決めました。

ここに一生住める権利を取得できること、内装を好きにできるというこの2点が大きなきっかけでした。
新しく不動産を買うときって、部屋内はどうにでもなるとしても、周りの音がどうなのか、近隣がどうなのかなど、わからない部分が多いですが、私達は既に4年住み、どういう状態なのかを判断できる状態でしたので、安心して購入に踏み切ることが出来ました。

もともと新築は現物を見ないで買うという事が怖く、新築の物件を買うつもりはありませんでした。
その点、中古であれば出来上がっているので実際の物件を見て判断ができ、交通量など住環境もわかる。お金の話もありますが、現物を見て判断できるという観点から買うなら中古のほうが良いという意識も有りました。

また、ロケーション的にも駅チカですので、もし売りたくなったときに売れるような条件も安心材料でした。ライフステージが代わったらまた売る可能性もあるわけで、そういった視点でもこちらの物件は立地が良く売却の不安も無かったことも購入に踏み切るきっかけでした。

Question.2:リノベ物件を選んだ理由、不安などは?

ライフスタイルに合わせ思い通りの住まいづくり

インテリアが好きなので、自分たちの住まいづくりに関わりたい気持ちがありましたし、大きな買い物にもかかわらず、出来上がったものを買う、ということにも抵抗がありました。
リノベーションであれば、間取り図面を引くところから関わることができるので、そこが大きな魅力でした。
「この部屋の壁を10センチだけ広げてください」といった細かい調整がしっかりできることは本当に楽しく、我が家にとっては大きな決断の中で、最大限住まいづくりを楽しみながら自分たちの満足行く住まいが造れたと思います。

もともと家を購入する際は、マンションであれば中古でリノベーションなのですが、一戸建てで建築士の方と家を作りたい考えがありました。

リノベーションはマンションにおける注文住宅と同じという考え方ができ、自分達が考えるライフスタイルに合わせて思い通りに出来たと思っています。

Question.3:フルリノベ新居のこだわり部分は?

空間をフルに使うことができる、フルリノベーション

家族は全員リビングに居る時間が長く、子供達には部屋へスマホを持ち込まないルールにしています。それもあり、リビング中心の間取りにこだわりました。

まず子供部屋はベッドと机が置ければ良いというサイズ感で割り切り、子供達は本が好きなので作り付けの本棚を作ろうというアイデアを出しました。子供達もアイデアにつられ新しい我が家への期待が高まり喜んでいました。
寝室も、同じ様に最低限のスペースにして、リビングスペースをなるべく大きく取れるようにしました。その分、リビングをより快適にするために、小さな和室スペースも作りました。
また、生活感をできるだけ隠せるように、収納スペースも多く設けた作りにしています。
賃貸のときから広さは満足していましたが、私達が広くあってほしいリビングが狭く、他の部屋が広く収納が無いという利便性での間取りの違和感がありました。

各部屋は小さくて良いのでウォーク・イン・クローゼット兼納戸を設けたり、主寝室も狭くする代わりにリビング側に和室エリアを設けたり、ライフスタイルにあった間取りを実現できました。
また、AV機器も色々こだわりがあるのですが、コンセントなど電源の数も細かくカスタマイズできたことも嬉しかったです。
どうしても電源を必要とする機器が集まるところは配線が汚くなってしまいますので、なるべくタコ足を使わずスッキリさせることが出来たことも、フルリノベーションならではだと実感しています。

間取りにとらわれず、空間をフルに使うことが出来た事は、リノベーションの良さであり、こだわりを可能な限り詰め込めた、という満足感があります。

Question.4:サンリーノシリーズを選んだ決め手は?

一棟リノベーションのスケールメリットで予算内にこだわりを詰め込めた

見た目には関係ないところで、部屋の北に面している壁に断熱材を入れ直していただきました。
これは住んでいる際に結露が気になっていたことも有り、壁自体がひんやりとしていた事が気になっていました。それもあり断熱材と二重サッシにすることで北側に面した部屋も快適にすることが出来ました。これはもともと住んでいたから明確にわかっていたことでもありますが、一棟リノベーションだからこそ躯体に近い部分への要望も解決できました。これは新しい分譲マンションや、一部屋だけを買い取ってリノベーションするようなやり方では中々融通が聞きにくいところですよね。

今回はお金をかけるところとかけないところも一棟リノベーションならではの恩恵が有り、こだわりのメリハリを明確にできたことも良かったです。

この部屋は床と天井や壁紙、トイレやキッチンは標準仕様の建材を利用しています。

標準仕様の床材など少しグレードが高く、わざわざ品番を変更する必要がないような仕様になっていたこともあり、十分満足でした。
そのうえでお金をかける部分を明確に切り分けられ、それが満足度アップにつながったと思います。

トイレも基本は標準仕様なのですが、ちょうど梁下にあり、通常は上に棚を作るところを、広く見せるためにカウンターに変更したり、お金をかけるところのメリハリをつけることが出来ました。
一棟リノベーションのスケールメリットを享受しつつ、お金をかけてこだわりたいところを予算の中でおさめることができたことは1棟まるごとリノベーションならではのメリットです。

Question.5:一棟リノベーションの不安点は?

デメリットは設計で上手く解決し、納得しています

昔と違ってマンションは長く持つという認識があります。また、海外勤務が長かったことも有り、海外では基本的に新築の物件に住むことはありませんでした。
そういうこともあり、基本的に不安はありませんでした。きちんと検査・補修をされているということも伺ってましたので、しいて言えばエントランスがどの様に変わるのか?くらいでした。

部屋内に関しては、昔の建築物なので天井に一部梁があったり一部床の段差をなくしてしまうことが出来ない部分もありますが、それはもともとわかっていることですし、自分たちで設計の段階で梁などをうまく目立たないように相談し、上手くカスタマイズしていけたので、納得していますし、満足です。

Question.6:サンヨーホームズのフルリノベはいかがでしたか?

注文住宅と同じワクワク感でプロセスを楽しめました

フルリノベーションということで何度も打ち合わせを重ねました。こちらの要望をお伝えし、お会いするたびに上手に改善されていくプロセスが楽しく、打ち合わせ自体毎回楽しませていただきました。あと、スケルトンの状態を見せていただいた事も家族みんなで凄くワクワクする事が出来ました。これはまさに注文住宅と同じワクワク感だと思いました。

Question.7:リノベをお考えの方へその魅力を教えてください。

注文住宅のようにオーダーメイドで出来た事がなにより魅力です

リノベーションは現状の建物状態、日照が確認できた上で自分たちのライフスタイルにあった形に変えていけることは竣工前に購入判断をする新築と違い、きちんと購入後の生活をイメージして判断ができることはリノベーションならではです。

私は一日中家にいるので、細かい棚からなにまで設計できたことは嬉しい事でした。
誰かが引いた間取りに住むのではなく、自分たちのわがままを盛り込んでできたことが一番の満足につながっています。

今回の物件は標準仕様のプランがありましたので、それをたたき台にして自分たちのわがままを盛り込むような流れ出で進めることが出来ました。

ですので、本当に真っ白な状態で始めたわけではなく、ある程度のところから純粋に意見を取り入れていけたので、おまかせしてしまいたいところはおまかせし、こだわりたいところはしっかりこだわり、要望に答えていただくことが出来たので、面倒だとは思うこともありませんでした。そういう意味では、あまり細かく指示することは面倒、という人にも良いリノベーションサービスだと思います。

立地では注文住宅よりマンションが有利なことが多いので、注文住宅を考えているが、駅チカにこだわりたい方にはリノベーションは本当におすすめです。


 

今回ご紹介したサンリーノ経堂 ザ・レジデンスの物件情報はこちら

<名称>サンリーノ経堂 ザ・レジデンス
<所在地>東京都世田谷区宮坂3-2-13(住居表示)
<交通>小田急小田原線「経堂」駅徒歩3分
<総戸数>20戸
<売主>サンヨーホームズ株式会社
<お問い合わせ>
サンリーノ経堂 ザ・レジデンス インフォメーションセンター
<フリーダイヤル>0120-22-5513
10:00~18:00、月曜日13:00~18:00(定休日毎週水・木曜日)
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

こちらの記事も好きかも?


Related posts

【中古物件の選び方】リフォームに向かない物件を見極めたい!

家路まい [外部ライター]

憧れの書斎でプライベートな時間を満喫したい!

家路まい [外部ライター]

最新の太陽光発電システムを取り入れたい

家路まい [外部ライター]

LIXILのPRO-SE(プローゼ)・RFで簡単にマンションの窓リフォーム

家路まい [外部ライター]

購入前に!中古マンションの共用部分をチェックしよう!

家路まい [外部ライター]

【リノベーション】木が特徴的なオシャレ上手な空間を作りたい

家路まい [外部ライター]



お近くのショールーム

サンヨーホームズでは注文住宅、物件購入からリノベーションの設計・施工、住宅診断など住まいに関わるサービスをワンストップでご提供しております。